消化器内科

消化器内科について

胃や腸、肝臓、膵臓の病気など、消化器疾患全般を診ます。
胃の痛み、胸やけ、お腹の違和感、吐き気、食欲不振、便秘、軟便・下痢といった消化器症状が続くときは診察を受けてください。必要あれば内視鏡(胃カメラや大腸内視鏡)や超音波検査も用いて診療にあたります。

人間ドックで便潜血陽性を指摘された場合は大腸内視鏡での精査を検討すべきですので相談ください。より精密な精査が必要な場合や入院が必要な場合にはすみやかに当院の連携病院をご紹介いたします。

なお、多量の血便が出ている・激しい嘔吐が続いている・歩けなくなった・意識がもうろうとしている・血圧が測れない・痛くて動けない、などの重篤疾患を疑う場合は最初から病院への受診をお勧めします。迷われたときは来院する前に電話で問い合わせください。

胃内視鏡(胃カメラ)検査

神戸海星病院で延べ1万件を超える内視鏡検査をしてきました。
検査を受ける患者さんにはそれぞれの思いがあることを感じながら、なるべく苦痛のない検査を心がけています。

少量の鎮静剤を使用することで患者さんはより楽に検査を受けることができます。そうすることで胃や大腸をじっくりと観察することができて正確な診断ができるというメリットがあります。事前に検査についての説明を聞いてもらったうえで希望の方法で検査を受けていただきます。

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査

大腸内視鏡(大腸カメラ)とは、下剤で腸管内をきれいにしたあとに肛門から内視鏡を挿入し、一番奥にある盲腸まで到達した後、内視鏡を抜きながら腸の中を観察する検査です。そうすることで癌やポリ-プ、大腸炎、痔などの病気を発見し、治療に役立てます。胃カメラと同様に鎮静剤を使用しての検査も可能です。

当院では安全に日帰りで切除できると判断した場合に大腸ポリープを治療します。大腸ポリープの大きさや性状によっては処置による出血や穿孔のリスクが高くなり、入院治療が必要になります。そのようなポリープを発見した場合はご希望の専門病院を紹介させていただきます。

なお、ご高齢であれば検査中に心筋梗塞や不整脈や脳血管障害などの緊急処置を要する疾患を発症する可能性が高まります。クリニックでは一刻を争う救急対応が難しいため、誠に勝手ではございますが大腸内視鏡に関してのみ70歳以下という年齢制限を設けました。ただし、基礎疾患のない方に限り対応可能な場合もありますのでご相談ください。自宅で前処置薬を飲めない方、入院での検査が望ましい方は適切な医療機関を紹介させていただきます。

診療内容一覧へ戻る